介護士と老人

食材選びに注意

ソフト食は柔らかく調理されている介護食をさします。刻み食と比べて飲み込みやすくむせにくいといったメリットがあります。柔らかくするには長く煮込むのが基本ですが肉や魚は脂の多いところを選ぶこと、野菜は繊維の少ないものを選ぶことなどがポイントとなります。

最新記事一覧

ご飯

素材のおいしさを感じる

ソフト食はミキサーなどで、食材をペースト状にしていますが、ゲル状に固めてあるので普通食のような見た目が特徴です。歯が弱くなっている人や、飲み込む力が弱くなっている人も食事を楽しむことができます。素材の旨味や香りを楽しみたい人にお勧めです。

お弁当

介護食の種類

歯ぐきや舌でつぶせるほどのやわらかさにした介護職をソフト食と呼んでいます。ソフト食には、噛む力や食べ物を口の中でまとめる力、飲み込む力が弱くなった人に向いています。市販や配達でも介護食は多く普及されているので取り入れてみてはいかがでしょうか。

食事

食べ物が食べづらい時は

ソフト食は食べやすく手を加えた食事で、作るのが大変面倒です。しかし市販されている物もあるので、それを使えばその限りではありません。特に宅配で購入できるソフト食は、メニューも豊富で健康状態によって細かく調整してもらえるので便利です。

食事

簡単調理で美味しい

市販のソフト食は食材や調理法にこだわり、見た目にも食欲を高め、美味しく食べられるように工夫されています。湯煎やレンジ加熱で簡単に調理でき、栄養成分やカロリーの表記もあるので、便利に安心して利用できるのが人気の秘訣です。

低栄養や誤嚥が防げる

ご飯

やわらかい介護食とは

最初に、介護食とは加齢や疾患によって食べ物を飲み込んだり噛んだりすることが難しくなった方のために加工してある食事です。その中のひとつにソフト食があります。ソフト食とは、食材の形状や風味を保ったまま、歯茎や舌でもつぶせるやわらかさに加工されている食事です。ほとんど噛む必要のないものもあります。様々な食品会社がそれぞれの技術で加工していますが、レンコンやゴボウ等の根野菜でも簡単につぶすことができます。噛む機能や飲み込む機能が低下している方に向いている介護食です。かたい物が食べられなくなったり、うまく飲み込むことが難しくなっても楽しく美味しく食事をすることができます。見た目も普通の食事と変わらないので、食事を目で見て楽しむこともできます。また、口腔内でもパサつかずに食塊を形成しやすいことがソフト食の特徴のひとつです。それにより、誤嚥の予防にもなります。ソフト食と言っても、調理方法、やわらかさの度合いまで様々あります。1人1人に合った食事でなければ低栄養や誤嚥につながってしまう場合もあります。ソフト食を自宅で作る場合は、なるべくやわらかい食材を使うことがポイントです。野菜であれば繊維と直角に切ったり、お肉であれば赤身よりは少しでも脂身があるほうが、のどごしが良くなり食べやすいです。やわらかくするために長時間煮込んだり、ミキサーにかけてからまとめたり、手間はかかります。そういう方のために宅配サービスをおこなっている会社も多くあります。嚥下障害対応の介護食ではないので、嚥下障害をお持ちの方は注意が必要です。

Copyright© 2018 ソフト食について調べる【宅配サービスをおこなっている会社】 All Rights Reserved.