最新記事一覧

介護食の種類

お弁当

やわらかい介護食

介護食の種類の中に「ソフト食」と呼ばれるものがあります。ソフト食とはやわらかい介護食であり、歯ぐきや舌でつぶせるほどのやわらかさにした食事です。作り方は、食材を煮たり茹でたりすることによってやわらかくする方法や、ミキサーに一度かけてから固めなおし、元の形状に似せる方法もあります。ソフト食に向いている人の例を挙げると、噛む力や食べ物を口の中でまとめる力、飲み込む力が弱くなった人です。また、胃腸が弱い人や箸がうまく使えない人にも向いています。ソフト食にもやわらかさは色々あります。例えば、かんたんに噛める、歯ぐきでつぶすことができる、舌でつぶすことができる、噛まなくて良いほどやわらかい、等の種類に分かれています。どのタイプのソフト食も口の中で簡単にまとまるので、こぼしたり、むせることなく食事をすることができます。ソフト食を自宅で手作りする際のポイントとして、やわらかく煮る、蒸す。野菜や肉は繊維質をたつように切る。水分が多くむせやすいと思うものはとろみをつける。食べにくい食材はなるべく使用しない、等があります。しかし1番大切なポイントは、見た目の美味しさです。少しでも食欲が沸くように、食器の選び方や盛り付け方も工夫すると良いでしょう。最後に、毎日時間と手間をかけてソフト食を用意することは簡単ではありません。市販のものや配達弁当でも介護食は多く普及しています。そういうものも食卓に取り入れて、少しでも介護負担を軽くしてみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2018 ソフト食について調べる【宅配サービスをおこなっている会社】 All Rights Reserved.